がんになった親と子どものために

オリジナル資料2

冊子「がん患者の家族を支える 親が病気の子どもたちの思い」

子育て世代の方ががんになった時、子どもに自分の病気についてどのように話をしたらいいのかと悩むのは自然なことです。自分自身ががんと診断され、傷付き戸惑っているため、同じような想いを我が子にさせてしまうのではないか、親の病気の影響を子どもの生活に与えたくないと感じる人も多くおられます。

一方で、子どもたちは親の病気について心配しています。年齢や性格にもよりますが、その子の立場で親の状況や今後のことを気にかけているのです。

この冊子には、子どもの頃から母親ががんと闘病していたおふたりの体験が掲載されています。おふたりは、“Hope Tree フォーラム2020(*)で勇気をもって話をしました。その場にいた多くの人はふたりの話を聞いて感動を憶えたことと思います。

おふたりは、今後同じような立場になった子どもたちのためを思い自分の体験を話してくれました。おふたりの貴重な体験を大切にし、もっともっと多くの方にその想いを届けたいと願い、この冊子を作成しました。

*Hope Treeフォーラム2020:NPO 法人Hope Treeが年に一度一般向けに開催する講演会
2020 年12 月12 日(日)御茶ノ水トライエッジカンファレンス(東京都)で開催された

この小冊子は、公益財団法人正力厚生会の助成金で作成しました。

このコンテンツは、がん患者さんとそのご家族などに利用していただいたり、教育機関や医療機関などで配布することもできるようPDFファイルにしてあります。ご自由にご活用ください。

「がん患者の家族を支える 親が病気の子どもたちの思い」(PDF 1.7MB)