パパやママががんになったら

HopeTree(ホープツリー)は、
がんになった親の子どもをサポートするための
さまざまな情報やプログラムを提供しています。

2008年、Hope Tree
「がんをもった親の子どもたちのためにできることをはじめよう」と考えた
有志(医療ソーシャルワーカー、臨床心理士、医師、チャイルド・ライフ・スペシャリスト、看護師など)
によってスタートしました。

ホープツリーとは

がんになった親と子どものために

お知らせ・イベント情報

2020.11.02

年間スケジュール

NPO法人Hope Tree年間スケジュールのお知らせ コロナ禍により大幅にスケジュールを変更いたしました。 <対象:患者、家族、…もっと読む

2020.11.02

NPO法人 Hope Treeセミナー 未成年の子どもがいるがん患者を支える(会場とオンライン)

コロナ禍においては、がん患者さん、ご家族、医療者、それぞれに厳しい環境に置かれました。Hope Treeの活動も制限され、学びの場…もっと読む

2020.11.02

NPO法人HopeTreeフォーラム2020 「子どもたちの声を届けたい」

 今年のHopeTreeフォーラムは、親ががん患者であるお子さんの思いに耳を傾けたいと思います。おふたりとも小学生の時にお母さまが…もっと読む

2020.11.02

石巻赤十字病院よりお知らせ:がんの親を持つ子どもの支援に関する研修会(オンデマンド配信)のご案内

2020.03.24

子どもをもつがん患者を支える実践ワークショップ延期のお知らせ

お知らせの一覧へ