パパやママががんになったら

HopeTree(ホープツリー)は、
がんになった親の子どもをサポートするための
さまざまな情報やプログラムを提供しています。

2008年、Hope Tree
「がんをもった親の子どもたちのためにできることをはじめよう」と考えた
有志(医師、看護師、MSW、CLSなど)によってスタートしました…

ホープツリーとは

がんになった親と子どものために

お知らせ・イベント情報

2016.11.01

子どもを持つがん患者を支える 実践ワークショップ開催のご案内

★定員に達したため受付ストップいたしました。お申込みありがとうございました。(2016年11月1日) このワークショップでは、未成…もっと読む

2016.10.31

各種メディアでの取材まとめ

Hope Treeの理事でもある九州がんセンターの白石さんが、「子育て世代が病気になったら、子どものことはどうしたらよいのか」とい…もっと読む

2016.10.21

朝日新聞アピタルで子どものサポートについて説明しています

2016.10.21

CLIMBファシリテーター養成講座定員に達しました

2016.10.13

第5回 CLIMBプログラムファシリテーター養成講座のご案内

お知らせの一覧へ